つがる路快速の乗り物・食べ物話

ブログタイトルを変更しました。これからもよろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

JR東日本パスの旅 前編

発売および、利用期間は既に終わりましたが、7/16~17に一日1万円で、JR東日本の新幹線・特急列車に乗り放題の、JR東日本パスの旅をし、主に新幹線を乗りつぶしてきました。

当日、僕は家族と別居のファミリーの同行者8名で行きますが、僕は新幹線乗りつぶしに、僕の家族とかの同行者は東京を満喫したそうです。

第1走者 新青森0614→大宮0927 東北新幹線はやぶさ404号9404B

新青森駅新幹線発車案内
新青森駅12番線発車案内
↑新青森駅新幹線改札口前と12番線の発車案内
これらの上段表示の列車に乗ります。

新青森駅新幹線駅名標
↑新幹線新青森駅の駅名標
この旅の最初のランナーは、東北新幹線はやぶさ404号です。7/9のダイヤ改正では、1往復増発され、新青森発朝の便も復活しました。全車指定席なので、JR東日本パスで2回まで発行できる指定券を使用しました。

乗車車種は、もちろんE5系です。
E5系反対ホームから
↑E5系(反対ホームから)
E5系はやぶさロゴ
↑E5系はやぶさロゴ
E5系の行き先表示と指定席表示
↑E5系の行き先表示と指定席表示(合成)
つなげよう日本ステッカー
↑つなげよう日本ステッカー
入線後、いろいろと撮影していたうちに、発車時間が迫ってきたので、急いで車内に乗り込みました。
新青森を発車すると、速度を260ぐらいまであげていき、連続するトンネルを貫いていきます。やがて、八戸に到着です。八戸停車のはやぶさは今回の旅の臨時ダイヤでも通常ダイヤでも上りのこの1本のみの停車です。八戸発車後も、トンネルが続き、盛岡に到着です。

E5系_盛岡にて
↑E5系@盛岡にて
盛岡を発車すると、ここからはやぶさの本領発揮、300km/h運転です。といいたいところですが、途中の一ノ関~福島と、宮城県をまたぐ区間では、徐行され、在来特急並みのスピードに落ちました。仙台に停車し、再び動きだして、福島を過ぎるとまた、本領発揮再開です。やがて、栃木県を通過し、速度を落としていくと大宮に到着です。僕は、この旅最大の目的である、新幹線の乗りつぶしをするためにこの駅で下車です。

大宮駅東北新幹線側駅名標↑大宮駅東北新幹線側駅名標。これの裏側には上越新幹線の駅名が表示されています。
大宮で一旦下車し、駅ナカで朝食の駅弁を仕入れた後、次に乗る列車のホームに向かいます。

第2走者 大宮0954→新潟1131 上越新幹線Maxとき315号1315C

次に乗る列車は、新潟行きの上越新幹線、Maxとき号です。JR東日本パス利用可能期間中で、大宮でも自由席乗車位置には、結構並んでおり、この列車は、時刻表上においては、越後湯沢で北陸方面の特急に接続が良く、混雑を覚悟していましたが、車内に乗り込むと、やはり予想通りの混雑。デッキまで人が溢れていました。もちろん、僕も越後湯沢まで立ちでした。
越後湯沢に着くと、大量に降車し、デッキでの溢れ混雑は解消され、デッキの補助席に座ることができました。その後、次の停車駅、浦佐で2号車の2Fのハズレ自由席に座ることができました。ここで、ちょっと遅い朝食です。

特選ますのすし特選ますのすし_中身
↑特選ますのすし
ちょっと遅い朝食は、少し豪華に、特選ますのすしです。富山の駅弁ですが、大宮のコンコースの駅弁売店で売られてました。1700円。
脂身が大いに乗っていて、値段通りのおいしさでした。また食べてみたいです。

やがて列車は、新潟までラストスパートです。11時33分、新潟に到着しました。

新潟駅新幹線駅名標
↑新潟駅新幹線駅名標
E4系の並び_新潟にて
↑E4系の並び@新潟にて
E4系_新潟にて
↑E4系@新潟にて
13番線に到着したE4系が引き上げたあとの単独の編成です。ちなみに、折り返しはこの編成だったかもしれません。
E4系maxロゴ_新潟にて
↑E4系Maxのロゴ
Multi Amenity Expressの略だそうです。

在来線の撮影もしましたが、別記事で紹介します。
さてさて、折り返しの列車の時間になりましたので、発車するホームに向かいます。

第3走者 新潟1211→越後湯沢1301 上越新幹線Maxとき324号1324C


新潟駅新幹線発車案内
↑新潟駅発車案内。次に乗る列車がこれ。
新潟からの折り返しも、E4系です。ちょっと遅い朝食から間が短いですが、昼食です。
新潟駅弁鮭の押寿司新潟駅弁鮭の押寿司_中身
↑鮭の押寿司
昼食は、鮭の押寿司です。新潟駅のコンコースの売店で購入しました。新潟三新軒調製。1100円です。
中身は、さっき食べた、ますのすしと同じように、笹の葉に包まれた鮭の押寿司が入っています。押寿司なので、もちろん、付属のナイフで切って食べます。

2号車の1F部分に乗車します。もちろん、1F席は景色に期待できません。途中の長岡からは、隣に客が乗ってきました。さらに、越後湯沢では、かなり混雑する可能性があったので、そこで始発に乗換ました。

第4走者 越後湯沢1308→高崎1337 上越新幹線たにがわ412号(412C)

越後湯沢で乗り換えた新幹線は、各駅停車のたにがわ412号です。越後湯沢で同じ特急から接続し、各駅停車で、通常は6両設定の自由席が4両減車であったものの、それほど混雑しませんでした。乗車した車両は、200系。日本の全新幹線で、現役で最も古い車種だそうです。
200系_越後湯沢にて
↑200系@越後湯沢にて
越後湯沢を発車すると、すぐにトンネルに突入し、長くくぐった後、上毛高原に停車しました。さっき、新潟から乗った電車は停車していませんが、たにがわ号はほとんど停車します。高崎発着の延長運転を除いては。
約30分後、高崎に到着です。新潟行きの列車では停車していませんでした。
高崎駅新幹線駅名標
↑高崎駅新幹線駅名標
本記事の投稿日から今月末まで、群馬DCなんかみたいなのがやっていて、それのロゴマークもついています。
後編に続きます…

にほんブログ村 鉄道ブログ 学生鉄道ファンへ
スポンサーサイト

| JR東日本パスの旅 | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

※投稿されたコメントは、管理人の承認後に表示されます。
二重投稿にご注意ください。














非公開コメント(管理人:つがる路快速のみに表示を許可)

TRACKBACK URL

※言及リンクの無いトラックバックは受付できません。
また、投稿されたトラックバックは、管理人の承認後に表示されます。
記事の内容に関係の無いトラックバックは、承認できない場合があります。

http://tsugarujirapid.blog112.fc2.com/tb.php/471-8384a89f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。